イタグレLife in SWEDEN→TOKYO
magdori.exblog.jp

イタリアングレーハウンドのDoriとmagのSweden生活→帰国しました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
About Dori & Monamie
ドリさん&モナさんへのメッセージはこちらからお願いします。 イタリアングレーハウンド ★Dori(ドリ)♂☆15歳3ヶ月 祝♥15歳突入~!まだまだ走ってお散歩&階段を駆け上がる元気な老犬。 ご長寿イタグレ目指してます♪ 神奈川県川崎市にてマロンパパとメイママの愛の結晶として誕生。 兄弟5人の長男として生後2ヶ月までテツぱぱ、ミキままに育ててもらう。 その後、東京都大田区にてmagママ、magoパパに育てられる。幼少期を多摩川河川敷で過ごす。 その後、スウェーデンに渡欧。 スウェーデンの森で日々体を鍛え上げ、マッチョなイタグレとして生まれ変わる。 現在、日本に帰国し東京在住。 ★Monamie(モナミ)♀10歳6ヶ月 おてんばだった娘が成長するにつれ、繊細な美人さんに成長。お兄ちゃんにだけはちょっと厳しめ!2016年3月2日没。現在は神様として日々頑張ってるとの報告あり。モナミ様~。     〓〓Bookmark〓〓 ☆☆イタグレ&ワンコ友達☆☆ ・くうあるばむごたはまぼんの気持ちLeon_Leonド-ニとタリと卓とカイイタグレニッキGO★GO★のあろまnoaromajuClub Duke HAPPY☆LIFEFlowerでTiaraな日々はJewel ☆☆北欧☆☆ ・私的北欧案内木の葉パンのきまぐれフィンランド生活日記 ★★海外在住Blog★★ ・Welkom! Amsterdamlieveheersbeestje ☆☆Blog Friends☆☆ ・talk to the wind
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
KALIKÅ..
from trico interact..
The Strings ..
from ごはんでバラ色
ワン友
from Princes Prue i..
中華街。
from mr.moon och di..
[犬]犬のパスポート
from Jetstream
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 5 )
寝る前の日課
今年12歳になるドリさん。 寝る前に遊ばないと寝れません。 待ち構えてぇ~
b0046331_23563178.jpg

えいやぁ~。と繰り返すこと20回。寝る前に目が覚めてしまいそうです。^^;
b0046331_23573833.jpg


「ボクは元気だよ!もっと投げて!」 耳MAX立ちでやる気満々です・・・。朝の散歩に備えて寝ましょうね!
b0046331_022099.jpg

[PR]
by mag_dori | 2013-04-11 00:27 | Comments(2)
Anna Ternheim 日本版デビューアルバム@Swe 
Sweden好きさんの耳寄り情報です♪
b0046331_1537344.jpgストックホルム出身の女性シンガー「Anna Ternheim」のデビューアルバム「Somebody Outsaide」の日本版が2006年02月22日 に発売されました☆

Swedenの2004年度のグラミー賞では“ニューカマー・オブ・ザ・イヤー”を受賞した彼女の声を聞くと冬のSweの景色が目も前に広がります。
HPで試聴出来ますのでご興味のある方はどうぞ!
お勧め曲は「Shoreline」です☆

昨年訪れた「Peace & Love 2005@Borlänge」でのカッコイイAnnaの姿を見ることが出来ます。
[PR]
by mag_dori | 2006-03-09 15:44 | Comments(6)
スウェーデンの結婚式 3@ウプサラ
マーカスとアネリーの結婚式 16.Juli 2005

式が進むにつれ、友人からのお祝いの言葉などあり、↓はマーカスの両親&サンドラ&親戚による歌のプレゼント。歌の途中、招待客全員も参加しました。
b0046331_5554529.jpg

お酒も回ってきて、いい気分に♪と、その時、女性人が席をパタパタと立ち始め・・・・「何?何?何が起こったの???」と皆が列を成す方へ目をやると・・・
b0046331_5583015.jpg女の子達が順々にマーカスのほっぺたにKiss!!
何だか良く分からないケド、私も皆に促され小走りでマーカスに駆け寄り、Kiss☆
フフフ♪面白い!
どうも、新郎、新婦のどちらかがトイレに立った際に異性の友達がKissするのが風習らしいです。
そして、しばらくしてマーカスが席を立ちました。
b0046331_68172.jpg待ってましたとばかりに、男性達はアネリーにKissの嵐。そうですよね~!こんなカワイイ子にKiss出来るなんてラッキー★
その後もマーカスが席を立つと、すかさずアネリーに駆け寄る男性も居たりして。笑。
ゆっくりトイレも行けないね、マーカス♪笑。
b0046331_613357.jpg
食事も終わり、一旦、会場の外へ。
会場内では食事の片付けが行われる、これから行われるダンスパーティーの準備が行われています。
→こちらは、アネリーのお姉さんアネット。
オーストラリアの方と結婚されて、現在はオーストラリア在住です。
2歳になる娘、マチルダちゃんはおてんば盛りで今日は残念ながらお家でお留守番。
会えるかな?と思っていたのでちょっと残念でしたが、帰国する前にアネットと会えて良かったです♪
オーストラリアに住んでいても、やっぱりスウェーデン人は色白なのですね。笑。
羨ましい~!
b0046331_625544.jpg
そして、ダンスTime♪
マーカスがこの日の為に習いに行っていたワルツを披露。
そして、友人たちも一緒にダンスTime。


b0046331_6272487.jpg
magoくんのアネリーのお母さん、アニータに誘われテレながらもワルツを。↓こちらのおふたりはキスしてますね♪笑。b0046331_6362113.jpgb0046331_6364821.jpg
そして、クライマックスのイベントと言えば!ウェディングケーキですよね☆
b0046331_6393718.jpg

b0046331_640036.jpg↑大きな会場に続く小さなお部屋。そこの扉を2人が開くと。。
花火とウェディングケーキが2人をお出迎え。
←結婚して最初の共同作業?!と言ってはいませんでしたが、ナイフ入刀~~。
濃~いコーヒーと甘~いリキュール。そして美味しいケーキを頂き、お腹も満足☆
とってもステキな結婚式でした!マーカス&アネリーこれからもず~~とお幸せにね♪
[PR]
by mag_dori | 2005-07-23 22:51 | Comments(8)
LINNE MUSEET(リンネ博物館)@ウプサラ
私の住んでいる街Uppsala(ウプサラ)はスウェーデン第4の都市ですが、観光で訪れる方は街の中心部の小ささに驚かれることが多々あります。ウプサラはウプサラ大学を中心に栄えた街であり、市内には研究所や教室が散在しています。そのウプサラ大学と縁深い植物学者Linné(リンネ)。冬の間は閉園している庭園を先日訪れてみました。

b0046331_12165052.jpgスウェーデンが生んだ世界的な植物学者であり、ノーベル賞受賞者であるCarl von linne(カール・フォン・リンネ)の研究室兼自宅があった場所にLINNE MUSEET(リンネ博物館)があります。1738年彼がウプサラ大学教授に就任した後、その名声を聞いて多くの学生がウプサラ大学に集まったと言われております。リンネは生物分類法の基礎を確立した業績により今も敬われている学者です。
博物館には彼の遺品をはじめウプサラ出身の画家たちの絵画作品が展示されています。
春になって一斉に咲き始めたお花達。リンネの庭園には約1300種類もの植物が栽培されているそうです。b0046331_1236216.jpgb0046331_12363977.jpg
b0046331_1237546.jpgb0046331_123724100.jpg
b0046331_1242322.jpg

b0046331_1243528.jpgb0046331_1244876.jpg
b0046331_12442785.jpgb0046331_12444646.jpg
沢山の綺麗なお花と近所の猫ちゃん。癒されますね~。b0046331_12473720.jpgb0046331_12475618.jpg
正面の建物は博物館になっています。庭園の隣にはホテルもあるので、のんびりと庭園の植物を眺めながらの休日も良いですね♪
b0046331_12504181.jpg

[PR]
by mag_dori | 2005-06-09 12:50 | Comments(8)
アイスヴァイン (Eiswein)
b0046331_21572492.jpg23日はクリスマスイブ・イブと言うことで、アイスヴァイン (Eiswein) を空けてみました。
いままで、甘口のワインと言うとスパークリングワインばかり飲んでいましたが、Eiswein!
いいですね~。口当たりも良く、とても美味しいです。
とても甘いのですが、すっきりとした甘さで後に残らないのです。
値段は少々張るようですが。。。
ちなみに今回飲んだものは、375ml(ハーフ)で2000円でした。
b0046331_2223190.jpg


実はもう一本。クリスマス用に購入したワインがあります。それは後日のお楽しみ♪

アイスワインについて。↓

アイスワインは、天然状態で凍ったブドウから生産されるワインで、水分は凍るが糖やその他の固体成分は凍らないため、濃縮された非常に甘いワインとなるそうです。

アイスワインの誕生はドイツのフランコニア地方で、ブドウ畑が予想していない寒波におそわれてしまいブドウが凍ってしまい、諦めきれなかった農民たちは、凍ってしまったブドウでワインを造ったところ、とても糖度が高く美味しいワインとなっていた。この偶然からアイスワインが作られるようになったそうです。当時は非常に貴重で高価だったため貴族の飲み物でありました。

アイスワインとして最も有名なものはドイツのアイスヴァイン (Eiswein) であるが、カナダやオーストリアでも造られている。日本ではアイスワインを定義する法律がないためにフルーツワインをアイスワインと称して販売しても違法ではないが、カナダ、ドイツ、オーストリアにおいてはアイスワインと名乗るためには、原料、収穫方法、温度などの厳格な基準を満たす必要があるそうです。
[PR]
by mag_dori | 2004-12-23 21:57 | Comments(0)