イタグレLife in SWEDEN→TOKYO
magdori.exblog.jp

イタリアングレーハウンドのDoriとmagのSweden生活→帰国しました。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
About Dori & Monamie
ドリさん&モナさんへのメッセージはこちらからお願いします。 イタリアングレーハウンド ★Dori(ドリ)♂☆15歳3ヶ月 祝♥15歳突入~!まだまだ走ってお散歩&階段を駆け上がる元気な老犬。 ご長寿イタグレ目指してます♪ 神奈川県川崎市にてマロンパパとメイママの愛の結晶として誕生。 兄弟5人の長男として生後2ヶ月までテツぱぱ、ミキままに育ててもらう。 その後、東京都大田区にてmagママ、magoパパに育てられる。幼少期を多摩川河川敷で過ごす。 その後、スウェーデンに渡欧。 スウェーデンの森で日々体を鍛え上げ、マッチョなイタグレとして生まれ変わる。 現在、日本に帰国し東京在住。 ★Monamie(モナミ)♀10歳6ヶ月 おてんばだった娘が成長するにつれ、繊細な美人さんに成長。お兄ちゃんにだけはちょっと厳しめ!2016年3月2日没。現在は神様として日々頑張ってるとの報告あり。モナミ様~。     〓〓Bookmark〓〓 ☆☆イタグレ&ワンコ友達☆☆ ・くうあるばむごたはまぼんの気持ちLeon_Leonド-ニとタリと卓とカイイタグレニッキGO★GO★のあろまnoaromajuClub Duke HAPPY☆LIFEFlowerでTiaraな日々はJewel ☆☆北欧☆☆ ・私的北欧案内木の葉パンのきまぐれフィンランド生活日記 ★★海外在住Blog★★ ・Welkom! Amsterdamlieveheersbeestje ☆☆Blog Friends☆☆ ・talk to the wind
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
KALIKÅ..
from trico interact..
The Strings ..
from ごはんでバラ色
ワン友
from Princes Prue i..
中華街。
from mr.moon och di..
[犬]犬のパスポート
from Jetstream
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Swe犬事情( 10 )
Swedenからの帰国当日「冷や汗事件」
海外にお住まいで、帰国予定のあるのワンコオーナーさんなら1度は経験する、愛犬との帰国日。万全の準備を重ねても、心配なのは皆さん同じ気持ちだと思います。
一足お先に日本へ帰国したDoriの場合に起きたハプニングが、今後帰国される方のご参考になればと思い記録することにしました。

まず、一番最初にチェックするのは、「農林水産省 動物検疫所のホームページ。です。
昨年犬、猫等の検疫制度が改定され、HPのリニューアルされ細かく記載されているのでの最新の情報をチェックし、分からないことがあった場合は早めに日本に問い合わせをすると丁寧に答えてくれます。(さすが日本!笑。)

日本側の準備はすんなりと進みます。大変だったのは、スウェーデン側でした。
細かい指示が日本の書類には記されていますが、「帰国日直前にやった方が望ましい」と記載されている事項、ハッキリ言って、Sweでは不可能に近いです!苦笑。
Sweの動物病院は土日はお休みですし、サマーシーズン、イースター、夏至際、クリスマスなどイベントがあるときも間違いなく休業。
たまたま私達は大丈夫でしたが、そのような時期に帰国する方は注意が必要だと思います。
国によってシステムは様々ですが、日本ほど稼働率の高い国は少ないと思いますので気をつけて下さい。

ワクチンや虫下しなどSwe側の準備も万端に整い、当日空港のチェックしてくれる検疫の方とも連絡を取り、前日には空港へ行き、Doriを検疫~航空会社に受け渡すまでのシュミレーションもしました。(ここまでやれば準備万全ですよね!?)

検疫の担当の方や航空会社に問い合わせ「当日は搭乗30分前に来るように」と言われ、
「30分前???」そんなに短くて大丈夫??と、不安になってもう一度と聞きなおすと、
「30分前でOKよ!直ぐ終わるから、心配しないで。」と言われました。
でも、それでも心配な私達。(だって、スウェーデンに住んでて大丈夫!と言われて大丈夫だった事少な過ぎるから・・・・。笑。

結局、空港入りしたのは搭乗時間の2時間30分前でした。
前の日に確認しておいた検疫の場所へDoriを連れて直行。
ところが、日本側の書類のスタンプを押して欲しい所にスタンプを押してくれないのです!
ここに、ハンコウを押してくれと、説明しても「そんなところにスタンプは必要ない。」の一点張り。
内容を説明しても、「他の国の人はそんなこと言わない。」と、断固拒否。ムカッ!
挙句の果てにはドアをピシャッと閉められて・・・。
b0046331_22564832.jpgショウガナイので、電話でやり取りをしていた人を呼び出そうと携帯で検疫事務所へ連絡しました。あいにく、当日担当すると約束していた方はお休み。オイオイ~~~。
代わりに違う人が来てくれる事となりました。と、言うか国際空港に検疫する人いないの??
待つこと45分。獣医さん到着~。 やっと一安心。ふぅ。
b0046331_2373937.jpgDoriの健康チェックをその場で行い、航空会社の手続きを獣医さんが見守る中済ませました。
あとは、航空会社に日本側の書類にサインをして貰えばOKです。
指示されたカウンターへ行き、サインを求め待つこと15分。「ここではサイン出来ないから他のカウンターへ行ってね」と言われ、指示されたカウンターへ。
しかし、ここでも「この書類見たことないわね」と待たされること20分。でも、サインはまだもらえず・・・b0046331_23104269.jpg獣医さんも流石に腕時計をチラチラ。この時搭乗時間まであと20分。日本なら既に搭乗ロビーで座っているころかも。
magoくんは必死に書類の内容を説明しています。ちょっと声を荒立てて、寒くもないのに額には汗びっしょり・・・可愛そうにねぇ。。。
←そんな焦りの様子を感じ取ったのか、Doriはさっきからずっとこんな顔。無言で訴えてるよ~。
出発まであと15分!早くサイン書いて~~~。と叫びながら、私の脳裏には「ビザは今日までだから、もし乗れなかったらどうするのだろう??Doriの手続きも一からやり直し??」と縁起でもない事が浮かんでいたのでした。
あと13分!
胃、胃がイタイ・・・・イテテテテェ。
と、magoくんが満面の笑みで振り返りました。その手にはしっかりとサインが書かれた書類が。あと10分!急げ~~!!ワンコの搭乗口は人間とは違う場所です。獣医さんも一緒に猛ダッシュ。
↓またまたここでも書類チェック。ここでもmagoくんが必死に説明してます。
b0046331_23312518.jpgb0046331_23382660.jpg
一緒に付いて来てくれた獣医さんのお助けによりOKサインがでました。
一旦、Doriをケージから出し、ケージとDoriのチェックを行いその後、ケージに入れ、日本へ到着するまで開かないように結束バンド(通常、テープなど)で扉を固定されました。
この時、出発まであと6分!
「Dori!無事飛行機に乗ってね。」とDoriに別れを告げ、いざ搭乗口へ~と、走ろうと、その時
獣医さんが「待って、待って、今日の検疫にはお金が掛かるの。請求書を送るから住所を書いてね。」ですって。笑。
空港の検疫にお金が掛かる?!これにはビックリ。どうも担当者がお休みで、変わりに彼女が来たのでその出張費が掛かるとのこと。その額700Kr≒10000円。
過度の焦りで手が震えてしまって、読めるか読めないか分からない文字を書き殴って、それはもう、50m6秒くらいの速さで走りましたよ!出発まであと3分。
幸い、入り口から一番近い搭乗口だったのでギリギリセーフ~。何とか出発時間1分前に乗り込む事が出来ました。

こんなに焦って、緊張して、ドキドキしたのは生まれて初めてだ。とmagoくんは汗ダク。
それからのフライトは30分置きにトイレへ。苦笑。
機内サービスのお食事もパスして、映画も観れない状態でした。可愛そうにねぇ・・・・
そんなmagoくんを横目に私は映画を4本。お食事の他にカップラーメンやアイスクリームまでもらって快適に過ごすことが出来ました。

↓Doriがアムステルダムでの乗換えをしている様子。トランクにまみれて、乱暴な扱いをされているのを発見して、ムキィ~~と発狂しそうになりました!
b0046331_2356948.jpg

↓これは、成田の検疫所での様子です。シャッターを押した瞬間、16時間我慢していたオシッコがジャ~を放出~。良く頑張ったね!偉いぞDori。
b0046331_005818.jpg

成田での検疫は簡単な書類チェックのみで短時間(20分くらい)で終わりました。
こうして、Doriの長い帰国の1日は終わったのでした。  

※教訓
準備をしていてもここは「日本ではない」ことを忘れべからず。 

番外編として・・・
その後、magoくんの神経性の下痢はすぐに治りました。
magoくんの情けない姿を見て笑っていた私でしたが、帰国後直ぐに受けた人間ドックで「胃にポリープ」と、ひどい貧血との結果が出てしまい・・・楽しかったスウェーデン生活。楽しすぎて忙しく動き過ぎたのかもしれません。苦笑。
再検査の結果を元に、しっかり治療・休養いたしましたので、現在は元気になりました。
ご心配お掛けしました!
[PR]
by mag_dori | 2005-10-24 23:08 | Swe犬事情 | Comments(22)
犬好きな人々@Swe
街で買い物をしていると、良くワンちゃんを見かけます。
飼い主さんがお店の中で買い物をしている間、お外でお留守番です。
この日も、1匹のワンちゃんに出会いました。

b0046331_057233.jpg←ボクサー犬の女の子。中型犬よりやや大きめの体格です。お店の中をチラチラと覗き込みながら、おとなしく待っています。でも、この日は-5℃。ジッと待っているのにはやっぱり寒いらしく、大きな体を小刻みに震わして。。。思わず駆け寄ろうと、1歩足を踏み出した時、
私達の前のスウェーデン人カップルがその子に駆け寄り、目線を犬の高さまで落して話しかけ始めました。

「可愛いね。寒いのでちゅか?」
「いい子でちゅね。もうすぐパパとママ帰って来まちゅからね。」
(ボクサー犬が喜んで、すりすりしている)
「そうか、そうか、うれしいでちゅかぁ~。」
「いい子ちゃんはお座りして待ってましょうね。」

犬愛好家としては、その光景はとても微笑ましく、そのカップルが駆け寄っていなかったら
きっと私達が同じように話しかけていたことでしょう。
と、ふと気付くと
今のカップル、赤ちゃん言葉!

男の人も、女の子も間違いなく、甘~い赤ちゃん言葉でワンちゃんに話しかけていました。
どこの国でも、犬好きは赤ちゃん言葉でワンちゃんに話しかけるようです。

だって、可愛すぎるから、しょうがないですよね~。

そして、今日もDoriに「可愛いでちゅね~。」と嫌がられるくらいしつこく言う私。。。。
[PR]
by mag_dori | 2005-01-18 00:54 | Swe犬事情 | Comments(2)
犬の洋服
b0046331_2462593.jpgダーナラ旅行の最中にも、沢山の犬達と出会いました。行きの列車では、犬連れ専用の個室(6人)で、人間6人と犬3匹、猫1匹。ドリは膝の上で周りを気にする様子もなくただひたすら眠りこけていました。小さい頃から電車移動に慣れているせいか、電車の中では本当におりこうさんです。結構大きな体をうまく丸めて、まるで小型犬のよう。大抵、下車する時に「あらま!」
とビックリされます。最高で3時間はウンともスンとも言いません。ただ、体重が10kg。
人間の方が辛いです。渡欧する前は8.4kgだったのに・・・・

写真はMoraで出会ったウイペットくん。久々に洋服を着ているワンちゃんに会いました。
スウェーデンに来てから色々とドリの洋服を探しているのですが、なかなかかわいいデザインのものが見つかりません。このウイペットくんが着てるのが一般的に売られているタイプです。外側は防水性のナイロンで、内側がフリース生地になっています。
ドリも一着購入(6500円)しました。
防寒用としてスウェーデンでは活躍してくれそうです。
最近つくづく感じるのは、日本って豊かだなぁ~。と。
豊かには色んな意味があると思うのですが、特に物品の多さはピカ一じゃないでしょうか?
[PR]
by mag_dori | 2004-12-07 03:25 | Swe犬事情 | Comments(2287)
犬製品を求めて
ペット用品SHOP↓                  おもちゃ屋さん↓
 b0046331_949894.jpg
b0046331_9495795.jpg







お留守番しているDoriのために洋服やら、おやつを買ってあげようとペット用品SHOPへ。
ここはペットSHOPではないので生き物はいません。大きなフロアーに雑然とフードや、生活用品が置いてあります。小動物用、猫用、犬用。洋服が少しだけあったので物色しましたが、かわいいものは見つからず。。残念。日本に比べて種類はものすごく少ないです。ストックホルムでも探したのですが、超小型犬用は少しあるのですが、Doriの大きさになると激減です。街で見かける犬は今のところ洋服を着ている子はいませんでした。先日、日本から持っていった服をDoriに着せて病院て行ったとき、何人もの人に笑われてしまいました。
それは、まだそんなに寒くないのに洋服を着ていたから?それとも犬が洋服を着てるのは珍しいから?Doriは服を着て、その上からタオルケットを被せてもらっていてもブルブルと震えていました。まだまだスウェーデンは秋。これから本格的に寒くなるのに
どうなることやら。。。もしかして、お散歩嫌いになるのかしら?
[PR]
by mag_dori | 2004-10-25 20:47 | Swe犬事情 | Comments(2)
大学病院
   大学病院エントランス        エントランスホール(受付)    
b0046331_2464573.jpgb0046331_247262.jpg







今日、Doriを連れて大学病院へ行ってきた。
実は私が帰国中に緊急手術をすることとなり、その時の傷がまだ完治しておらず、その経過を獣医さんに見せに行くことになっていた。
スウェーデンの動物病院は日本の動物病院とちょっとシステムが違う。
まず、近くの動物病院へ行き内科的診察をしてもらう。そしてそこで外科的処置が必要とみなされると大学病院を紹介される。大学病院へは電話でアポイントメントを入れる。
緊急診療は基本的にないらしく、電話を入れてから3日~1週間ほど後に診察してもらえる。
予約待ちの間に病状が悪くなったらどうするの?と心配になってしまう。
そう!その心配が前回の緊急手術を招いてしまったのだ。
3週間前の緊急手術は、3日後に予約が入っており、待機期間中の出来事。
腫物だった患部が破裂し、慌てたmagoが緊急でDoriを大学病院へ連れて行き
急患受付で診察をしてもらった。何が何だか分からないまま、とにかく「縫合手術しましょう」と言われ、緊急手術となった。
夜間の急患だったためか、組織検査や血液検査などは行わず縫合のみの手術となった。
手術後、なかなか出血が止まらず心配するmagoは獣医さんに「心配しなくても大丈夫だから帰りなさい」と促がされ、Doriを連れて一度帰宅した。
しかし2時間経っても血が止まらない!心配になってもう一度病院へ。
再度診察してもらう。しかし、「心配しすぎだよ。」と軽くあしらわれ、またもや「帰りなさい」と、今度は呆れ顔で促されて帰宅。
結局、その後も血が止まらず24時間magoが止血し、やっと血が止まったのである。
悪夢の手術から3週間。
それが今日だった。縫合したはずの傷は口を開いてはいるが、Dori自身はすこぶる元気だったので、このまま回復に向かうのでは?と期待していた。
が、しかし。。。。
今日また手術することに。。
午後3時以降に迎えに来てくださいと言われ、私達は一度家に戻った。
今度こそは。と言う期待と不安でいっぱいの数時間を過ごし、いざお迎えに。
窓口で会計を済ませ、Doriを待つ。
獣医さんがDoriを連れて来た。ブルブルと震えているDoriに「大丈夫。大丈夫。」と
声をかけ、抱きしめながら患部に目をやると。。。。
縫い目の間からゴムチューブのようなものが顔を出していた。
magoが獣医さんから手術の説明を受け、今後の予定などを聞いた。
チューブは4日後に取りに来るようにとのこと。その後抜糸の日の予約を入れた。
ここの大学病院では毎回病院に行く度に、担当獣医師が変わる。
今回の先生が親切?だったのか、前回の手術が緊急だったからなのか分からないが
手術前にウルトラソニックを行い、原因となるものを確認してから手術が行われたようだ。
当たり前のような気がするが、それを聞いただけでも少し安心した。
今度こそは手術が成功でありますように。心から願っている。

今、やっと安心した顔でDoriは寝ています。さっき、寝ながらお漏らしをしてしまいました。笑。きっと安心して気が抜けたのでしょう。前回の手術の時は、ショックが大きかったらしく
26時間おしっこを我慢していました。早く元気になろうね!Dori。

散歩仲間のおじさんから聞いた話ですが、スウェーデンでは犬の保険に入るのは普通のことのようです。最近では日本でも大分注目されているみたいですが。
ちなみにおじさんの愛犬グレート・デンくんは350SEK/月払っているとのこと。(≒5250円)
日本で知られているanicom
と比べると2倍くらい高いようです。でも、いざという時は助かるかもしれませんね。
ちなみに、スウェーデンに来てからのDoriの動物病院代は
・1回目緊急手術費・・・2947 SEK(≒44205円)
・傷口洗浄用品・・・・・・  86 SEK(≒ 1290円)
・抜糸治療費・・・・・・・・ 620 SEK(≒ 9300円)
・組織検査・・・・・・・・・・ 419 SEK(≒ 6285円)
・薬費用・・・・・・・・・・・・113.5SEK(≒ 1702円)
・2回目手術費・・・・・・・4310 SEK(≒64650円)
           計 8495.5 SEK(≒127432.5円)

高いのか安いのか?良く分からないけど、全然回復の兆しの見えなかった1回目の手術には納得がいかない今日この頃である。

  個別診療室(手術前)まだ元気!         手術後(ぐったり)
b0046331_2471393.jpgb0046331_2561982.jpg
[PR]
by mag_dori | 2004-10-19 03:08 | Swe犬事情 | Comments(2)
ペットパスポート取得!
Doriがペットパスポート取得しました。(ペットパスポート取得方法はHPにUPする予定)
これを持っているとEU内の旅行が自由に出来るようになります。
有効期限と言うのは特にありませんが、狂犬病注射が年に1度打たなければならないので
1年に一度更新をするようです。
Doriの場合、1年後には日本に帰国するためその時に効力が失効します。あくまでEUルール内でのパスポートになるので、日本に帰ってから使うことは出来ません。
ちょっと残念です。いつの日か全世界共通のペットパスポートが出来ることを希望します。
いつでもどこでも愛犬と一緒に居れることが愛犬家の最高の幸せです。
b0046331_7463265.jpg

[PR]
by mag_dori | 2004-09-14 07:31 | Swe犬事情 | Comments(0)
犬のおもちゃ1
ペットshopで犬のおもちゃを買った。
押すとパフパフ音がなるやつである。犬のおもちゃは万国共通のようだ。
スカンクの形をしたのは日本では結構めずらしいかも。笑。
価格55SEK(約825円)
b0046331_651229.jpg

[PR]
by mag_dori | 2004-09-10 05:59 | Swe犬事情 | Comments(0)
動物病院
Sweden入国後、Doriの健康診断を兼ねて近くの動物病院に行ってみた。b0046331_6295092.jpgb0046331_6303210.jpg
[PR]
by mag_dori | 2004-08-21 06:22 | Swe犬事情 | Comments(0)
ウイペット
ストックホルムのNKデパートでウイペットくんと遭遇した。NKデパートと言えば老舗デパート。そんなところでワンちゃんと出くわすとは!それもガラス製品が沢山並ぶ売り場でだ。
最初、イタグレだ!と思って駆け寄ってしまった。
体型がDoriとよく似ている。飼い主さんに話しかけると、快く写真を取らせてくれた。
とても愛想のいい、躾の出来た犬である。
アメリカ系のウイペットだそうだ。とても優秀なブリーダーから譲り受けたと話していた。
ウイペット特有のしなやかな体。しっとりとした毛並み。本当にすばらしいWANくんだった。

それにしても、あの落ち着いた身のこなし。Doriにも見習わせたいものである。
いつかNKデパートデビューを夢見て!
b0046331_6202542.jpg

[PR]
by mag_dori | 2004-08-09 06:09 | Swe犬事情 | Comments(0)
うんち袋
散歩をしている時、黒いビニール袋を持っている人を見かけた。それも複数。
日本では散歩に行くとき「お散歩バッグ」を持って行くのがエチケットとなっているが
こちらではそのようなバックを下げている人をあまり見かけない。
どうも、その黒い袋がエチケット袋=うんち袋のようである。
早速、スーパーで探してみた。そして発見!
ロール状になっており、散歩の度に切り離して持って行くようになっている。
ティッシュペーパーなどを使わないで採るため、ちょっと厚めの素材である。
なぜティッシュペーパーを使わないか?と言うと、想像であるがティッシュペーパーが高いからだと思われる。
全般的にパルプ類は日本と比べて高価な気がする。この話題は別途書きたいと思います。
この「うんち袋」30枚で11.9SEK(約180円)。日本のホームセンターで買うより高いかな?b0046331_4563072.jpg
b0046331_4564765.jpg
[PR]
by mag_dori | 2004-08-03 04:38 | Swe犬事情 | Comments(0)